こんなものを買った,小説

20代後半、久しぶりに小説を読もうと手に取ったのが・・

2006年ごろに、「久しぶりに小説を読もう」とたまたま手に取った小説が、新堂冬樹・火と氷である。
動の凶暴な男と、静の経済ヤクザが対決する内容で、圧倒的な暴力描写に恐々とし ...